匐行性角膜潰瘍〔ふくこうせいかくまくかいよう〕

[症状]
 角膜に傷があり、そこにブドウ球菌、連鎖球菌、肺炎球菌、緑膿菌などが感染して起こります。はじめから強い目の痛み、まぶしさ、流涙(りゅうるい)、まぶたのはれなどが起こります。


[治療]
 抗菌薬の局所ならびに全身への投与を思いきっておこなう必要があります。病原菌がわかれば、それに対する有効な抗菌薬の投与をおこないます。発見と同時に治療をおこなわなければ、角膜膿瘍(のうよう)をつくり、角膜に孔(あな)があき、“全眼球炎”を起こし失明します。
医師を探す