中心性漿液性脈絡網膜症(中心性網膜炎)〔ちゅうしんせいしょうえきせいみゃくらくもうまくしょう(ちゅうしんせいもうまくえん)〕

 中年男性の片眼によくみられます。物を見ると中心部がほぼ円形に暗くなり(中心暗点)、物が小さく見えたり(小視症)、ゆがんで見えます(変視症)。矯正(きょうせい)視力は凸レンズでよくなります。眼底検査をしますと、網膜の、見る中心である黄斑部に水がたまり、円板状に網膜剥離(はくり)がみられます。
 蛍光眼底検査はこの病気には大切な検査で、この検査をしますと網膜剥離を起こしている液がどこからきているのかがわかります。通常は1カ所、時に複数の場所から蛍光色素の漏出(ろうしゅつ)点がみられます。
 原因は不明ですが、精神的・身体的ストレスが大きな要因であることはたしかです。

[治療]
 ストレス解消に努力しなければなりません。薬物療法として、抗炎症薬、血管拡張薬、ビタミン薬などが用いられていますが、確実なものではありません。自然に治る場合も多くあります。
 治癒を促進する目的で、前述した蛍光眼底検査であきらかとなった蛍光色素の漏出点が黄斑中心より離れていれば、そこをレーザー光凝固することもあります。
医師を探す