黄斑前膜(網膜前黄斑線維症・網膜前膜)〔おうはんぜんまく(もうまくぜんおうはんせんいしょう・もうまくぜんまく)〕

[症状]
 物がゆがんで見えたり、大きく見えたり、視力が低下します。網膜の最内層と硝子体(しょうしたい)の間で薄い膜が形成され、その膜の収縮により黄斑部がひっぱられたり、しわができたりします。

[治療]
 長期観察で自然に膜がはがれて脱落する場合もありますが、膜はますます強固に形成され、それによって網膜にしわがよれば、視力もわるくなります。ある程度視力が落ちたら、膜を取り除く硝子体手術をおこないます。薬物治療は無効です。

医師を探す
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会