膵臓の病気の検査法

 血液や尿のなかのアミラーゼをはかります。そして、アミラーゼ値が高い場合は、このアミラーゼが唾液腺由来のものでなく、膵臓(すいぞう)由来のものであることを確かめます。腫瘍が疑われる場合には、血清中の腫瘍マーカー(CEA、CA19-9、SPan-1、DUPAN2、エラスターゼ1)をはかります。次に患者さんのからだに負担の少ないMRI胆管膵管撮像法(MRCP法)が非侵襲的な胆管および膵管の検査法として定着しています。MRCP法によってほとんどの膵病変が診断されます。
 さらに膵管の詳細な情報を知りたい場合は、膵管に造影剤を入れてX線写真を撮り、膵管の走行や狭窄(きょうさく)、拡張の有無をみます。これを内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)といいます。
 膵液のドレナージをしたい場合はプラスチックのチューブを挿入することもあります。また、膵液を採取してCEAやCA19-9などの腫瘍マーカー、がん細胞の有無、遺伝子変化の有無を調べたりします。
 慢性膵炎などに対する膵外分泌機能検査としては、膵液で分解される物質(BT-PABA)を内服し、尿中排泄(はいせつ)率を調べるPFD試験が広くおこなわれています。
 このほか、超音波(エコー)検査、CT(コンピュータ断層撮影)検査、動脈造影、静脈造影がおこなわれます。最近では、内視鏡のさきに小さな超音波装置のついている超音波内視鏡検査もおこなわれており、より詳細な観察も可能になってきました。膵臓と周囲臓器との位置関係や病気のひろがりをみるために胃・十二指腸や大腸のX線検査もおこなわれます。