肩、ひじ〔かた、ひじ〕

 関節リウマチでは肩やひじの関節がおかされ、動きがわるくなったり、安定性が失われたりします。肩、ひじの関節は、股(こ)関節や膝(ひざ)関節とは異なり体重を支える関節ではありませんので、多少の関節の障害があっても日常生活にあまり支障がない場合も多いのですが、関節の破壊が進むとやはりいろいろな問題が出てきます。
 このような場合には動きを改善し、関節の使い勝手をよくするために、肩やひじの関節を人工の関節に置き換える手術がおこなわれることがあります。

【参照】リウマチと膠原病:関節リウマチ

(執筆・監修:東京大学大学院総合文化研究科 教授〔広域科学専攻生命環境科学系〕 福井 尚志)
医師を探す