手〔て〕

 手もリウマチによる障害がよく起こります。手ではリウマチにより、大きく2通りの変化がみられます。一つは関節の破壊で、もう一つは手指を動かす腱(けん)の障害です。
 手くびや手指の関節がリウマチによって障害されると、物をもったりつまんだりする動作が困難になります。このため指の関節がぐらぐらしないように固定したり、人工の関節に置き換える手術がおこなわれます。いっぽう、腱が断裂してしまった場合には腱をつなぐ手術や、切れた腱をほかの腱に縫い寄せて指の動きをある程度可能にするための手術がおこなわれます。
 また、症状を改善して関節や腱の破壊が進むことを防ぐために滑膜(かつまく)を切除する手術がおこなわれることもあります。
医師を探す

関連トピックス


関連ニュース


厚労省記者クラブから

2019/02/08
インフルエンザの発生状況について

厚生労働省

2019/02/07
軟性内視鏡とロボット技術を融合した手術支援システムを開発

慶応義塾大学

2019/02/06
精神保健指定医に対する行政処分等について

厚生労働省

2019/02/05
第1 回 日本オープンイノベーション大賞 受賞者決定について

厚生労働省

2019/01/30
医師及び歯科医師に対する行政処分の考え方について

厚生労働省