手〔て〕

 手もリウマチによる障害がよく起こります。手ではリウマチにより、大きく2通りの変化がみられます。一つは関節の破壊で、もう一つは手指を動かす腱(けん)の障害です。
 手くびや手指の関節がリウマチによって障害されると、物をもったり、つまんだりする動作が困難になります。このため指の関節がぐらぐらしないように固定したり、人工の関節に置き換える手術がおこなわれます。いっぽう、腱が断裂してしまった場合には腱をつなぐ手術や、切れた腱をほかの腱に縫い寄せて指の動きをある程度可能にするための手術がおこなわれます。
 また、症状を改善して関節や腱の破壊が進むことを防ぐために滑膜(かつまく)を切除する手術がおこなわれることもあります。

【参照】リウマチと膠原病:関節リウマチ
医師を探す

関連トピックス


関連ニュース


厚労省記者クラブから

2019/05/09
常温での保存・輸送が可能な蛍光LAMP用試薬の開発について

国立大学法人 長崎大学/キヤノンメディカルシステムズ株式会社

2019/04/25
平成28 年度「無承認無許可医薬品等買上調査」の結果について

厚生労働省

2019/04/25
平成28 年度「インターネット販売製品の買上調査」の結果について

厚生労働省

2019/04/19
インフルエンザの発生状況について

厚生労働省

2019/04/16
「表皮ランゲルハンス細胞のPD-L2サイレンシングは,接触過敏症を抑制する」 一抑制性分子と考えられていたPD-I2が活性化に働くことを実証ー・

国立大学法人 東京医科歯科大学

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会