手〔て〕

 手もリウマチによる障害がよく起こります。手ではリウマチにより、大きく2通りの変化がみられます。一つは関節の破壊で、もう一つは手指を動かす腱(けん)の障害です。
 手くびや手指の関節がリウマチによって障害されると、物をもったり、つまんだりする動作が困難になります。このため指の関節がぐらぐらしないように固定したり、人工の関節に置き換える手術がおこなわれます。いっぽう、腱が断裂してしまった場合には腱をつなぐ手術や、切れた腱をほかの腱に縫い寄せて指の動きをある程度可能にするための手術がおこなわれます。
 また、症状を改善して関節や腱の破壊が進むことを防ぐために滑膜(かつまく)を切除する手術がおこなわれることもあります。

【参照】リウマチと膠原病:関節リウマチ
医師を探す

関連トピックス


関連ニュース


厚労省記者クラブから

2020/01/10
アストラゼネ力のSGLT2阻害剤フォシーガ、左室駆出率が低下した心不全患者さんの治療薬としてFDAが優先審査品目に指定

アストラゼネ力株式会社

2019/12/24
卵巣がんの悪性度にIL-34が寄与することを初めて解明 ~新たな治療の標的となる分子としての可能性に期待~

日本学術振興会/公益財団法人安田記念医学財団/滋賀医科大学/東京大学医科学研究所/国立研究開発法人日本医療研究開発機構/神奈川県立がんセンター/聖マリアンナ医科大学

2019/12/19
次世代医療基盤法に基づく事業者の認定について

内閣府日本医療研究開発機構・医療情報基盤担当室/文部科学省研究振興局ライフサイエンス課/厚生労働省医政局総務課/経済産業省商務・サービスグループヘルスケア産業課

2019/12/11
がんやエイズの原因となる「レトロウイルス」の働きを阻害する新しい仕組みを世界で初めて解明

近畿大学/愛媛大学

2019/12/10
小児の難治性てんかんに対する脳梁離断術の効果の神経メカニズムを解明 ~灰白質ネットワークの改善を脳画像で証明~

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(NCNP)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会