手〔て〕

 手もリウマチによる障害がよく起こります。手ではリウマチにより、大きく2通りの変化がみられます。一つは関節の破壊で、もう一つは手指を動かす腱(けん)の障害です。
 手くびや手指の関節がリウマチによって障害されると、物をもったりつまんだりする動作が困難になります。このため指の関節がぐらぐらしないように固定したり、人工の関節に置き換える手術がおこなわれます。いっぽう、腱が断裂してしまった場合には腱をつなぐ手術や、切れた腱をほかの腱に縫い寄せて指の動きをある程度可能にするための手術がおこなわれます。
 また、症状を改善して関節や腱の破壊が進むことを防ぐために滑膜(かつまく)を切除する手術がおこなわれることもあります。
医師を探す

関連トピックス


関連ニュース


厚労省記者クラブから

2018/11/02
『指揮細胞』である間葉系幹細胞と『実働細胞』であるマクロファージは効果的に肝硬変症の線維化改善、再生促進をもたらす事 をそれらの細胞の生体内での動態も含めて明らかにしました

国立大学法人新潟大学/国立研究開発法人日本医療研究開発機構

2018/11/02
薬剤師に対する行政処分について

厚生労働省

2018/11/02
インフルエンザの発生状況について

厚生労働省

2018/10/30
KEYTRUDA( ペムブロリズマブ)単独療法および併用療法が、再発または転移性頭頚部がん 患者のー次治療として、標準治療と比較して全生存期間を有意に延長

MSD株式会社

2018/10/30
2018 年米国リウマチ学会議(ACRIARHP)において、生物 学的製剤の使用経験のある関節リウマチ患者における FILGOTINIB の第Ⅲ相臨床試験のデータを発表

ギリアド・サイエンシズ株式会社