手〔て〕

 手もリウマチによる障害がよく起こります。手ではリウマチにより、大きく2通りの変化がみられます。一つは関節の破壊で、もう一つは手指を動かす腱(けん)の障害です。
 手くびや手指の関節がリウマチによって障害されると、物をもったり、つまんだりする動作が困難になります。このため指の関節がぐらぐらしないように固定したり、人工の関節に置き換える手術がおこなわれます。いっぽう、腱が断裂してしまった場合には腱をつなぐ手術や、切れた腱をほかの腱に縫い寄せて指の動きをある程度可能にするための手術がおこなわれます。
 また、症状を改善して関節や腱の破壊が進むことを防ぐために滑膜(かつまく)を切除する手術がおこなわれることもあります。

【参照】リウマチと膠原病:関節リウマチ
医師を探す

関連トピックス


関連ニュース


厚労省記者クラブから

2019/08/08
日本のダウン症候群出生数は、ほぼ横ぱいと推定 ~急速な妊婦の高年齢化と出生前診断の普及は均衡が取れている?~

国立成育医療研究センター

2019/08/05
新たなヒト血液型「KANNO」の国際認定~国立国際医療研究センターなど、日本の研究グループとして初めての登録~

国立国際医療研究センター/日本赤十字社/福島県立医科大学/日本医療研究開発機構

2019/07/29
東海大学医学部教授大塚正人らを中心とする研究グループ ゲノム編集マウスを簡便に作製できる手法「i-GONAD 法」の実験手順を公開 ~有用な病態解析モデルマウス作製の簡便化を実現。難治性疾患の創薬研究などの加速に期待~

東海大学

2019/07/29
難治性の肝細胞がんに対して世界初の画期的な根治治療法を開発 肝細胞がんの標準治療確立へ道筋

近畿大学

2019/07/29
日本メドトロニック 心房細動治療に新しいバルーンカテーテル 「Arctic Front Advance Pro 冷凍アブレーションカテーテル」を全国で発売開始 手術中の電位変化をリアルタイムで確認しやすく、より多くの症例への使用を期待

日本メドトロニック株式会社

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会