関節リウマチの外科治療

解説
 関節リウマチは関節を中心に全身に障害が起こる病気で、免疫系の異常が原因と考えられています。病気の起こるしくみはまだよくわかっていないところもありますが、関節のなかにある滑膜(かつまく)という膜が炎症を起こして異常に増殖し、これが関節をこわしていきます。
 リウマチによる関節の障害に対しておこなわれる手術には、いくつかの異なる方法があります。比較的初期の障害に対しては、リウマチにおいて関節破壊の原因となる滑膜を取り除く手術がおこなわれます。関節の変形が進んでしまった場合には、骨の一部を削って関節の機能を改善する関節形成術、ぐらぐらしている関節を動かなく固定することで関節の支持性を高めて使い勝手をよくする関節固定術、人工の関節を挿入することで関節の動きをよくし、支持性も改善しようとする人工関節置換術などがおこなわれます。
 以下にリウマチによって変化が起こる部位のそれぞれについて、代表的な手術方法を説明します。

頸椎〔けいつい〕

手〔て〕

肩、ひじ〔かた〕

股関節、膝関節〔こかんせつ、ひざかんせつ〕

足部〔あしぶ〕