頸椎〔けいつい〕

 脊椎(背骨の骨)は一般にいう関節ではありませんが、頸部の脊椎(頸椎)、特に頭蓋骨のすぐ下の部分は関節リウマチによる変化がしばしば生じます。この部分の変化が進むと、手足のまひなどの症状が出ますし、また、ふだん症状がなくてもたとえば転んだときに脊髄が傷ついて生命の危険が生じることもあります。
 したがって、関節リウマチの患者さんで頸椎の病変がはっきりしている場合には、あきらかな障害があらわれていなくても、頸椎をずれないように固定する手術が予防的におこなわれることがあります。

【参照】リウマチと膠原病:関節リウマチ

(執筆・監修:東京大学大学院総合文化研究科 教授〔広域科学専攻生命環境科学系〕 福井 尚志)
医師を探す