炎症を抑えるための外用薬

 炎症を抑えることが多くの皮膚病の治療となります。もちろん炎症の起きる原因、たとえば、細菌や真菌(カビの一種)の感染を放置したままで炎症を抑えるだけではいけません。しかし原因のよくわからない皮膚の炎症では、とりあえずの治療です。皮膚病ではかゆみが出ることが多いので、かゆみをとめて、ひっかかないようにして、治りを早くします。これが不十分のときには、かゆみどめの内服薬を併用します。かゆみの強い皮膚病、湿疹、かぶれ(接触皮膚炎)、じんましん、皮膚そう痒(よう)症、滲出性紅斑(しんしゅつせいこうはん)、中毒疹、痒疹、小児ストロフルスなどに用います。
1.副腎皮質ステロイドの軟膏
 いろいろの種類のものが販売されています。その効果の強弱によって、適切に使い分けることが必要です。
[適応]
 湿疹、かぶれなど多くの皮膚病に効果があります。この効果をあげるため、ODT(occlusive dressing technique:密封)療法といって、副腎皮質ステロイド軟膏を湿疹の部分に塗り、その上からラップなどをかけ、セロハンテープで皮膚に密着させておき、1日1回取り替える方法があります。テープの裏にこの薬が塗ってある特殊の剤形があり簡単で便利です。
[副作用]
 いろいろのものがあります。軟膏による“かぶれ”(接触皮膚炎)があります。ほかに皮膚感染症(細菌、真菌〈カビ〉、ウイルス感染)、皮膚の毛細血管拡張、酒さ(しゅさ)様皮膚炎、口囲皮膚炎、多毛症、ざ瘡(そう)様皮疹(ニキビ)の発生などです。この軟膏を使うときは必ず専門医に相談してください。


2.非ステロイド系抗炎症薬の軟膏
 副腎皮質ステロイドではない抗炎症薬の軟膏です。炎症を抑える力は弱いのですが、皮膚の感染症を起こすなどの副作用が少ないので、顔の皮膚炎、軽い皮膚の炎症に用いられこともあります。この軟膏は、かぶれ(接触皮膚炎)を起こすことがあります。
3.免疫抑制薬含有軟膏
 腎臓や心臓の移植のときに使われる免疫を抑える薬を含んだ軟膏(なんこう)です。アトピー性皮膚炎、特に顔の皮膚病変に効果があります。副腎皮質ステロイド軟膏とは違った効きかたをします。専門医の処方に従って使ってください。