レーザー治療

 レーザーエネルギーの熱作用で組織を破壊して治療します。メラニン色素を破壊して色をうすくするレーザー、血管を破壊して赤い色をうすくするレーザー、組織を焼いて小さな腫瘍などを破壊するレーザーなど目的に応じた異なるレーザー装置があります。
 太田母斑や老人性色素斑などの色素斑、単純性血管腫やいちご状血管腫もレーザー治療が効きます。毛の毛細胞を破壊するので脱毛治療にもレーザーが使われています。このようにレーザーは、色素性病変の治療や一部では美容目的でも頻繁に使われますが、レーザーの効く病気と効きのよくない病気とがあります。レーザー治療を専門にしている医師によく相談してください。

関連トピックス