ワイル病〔わいるびょう〕

 ネズミやイヌなどがレプトスピラというらせん菌を保有していることがあり、この菌がその動物の尿中に排泄され、それで汚染された河川の水などを介し、皮膚から侵入すると発熱や頭痛、筋肉痛、黄疸(おうだん)などを起こします。
 このうち、黄疸が強く、腎機能障害などを合併する重症のものがワイル病と呼ばれるものです。
 数日の潜伏期の後、39~40℃の高熱とともに頭痛、筋肉痛、目の充血、嘔吐(おうと)などで急激に発病します。さらに数日後、腎不全を合併し、黄疸も生じてきます。皮下出血や消化管の出血を伴い、心筋炎を合併することもあります。
 治療にはペニシリンやストレプトマイシンが使われます。レプトスピラ症
医師を探す