パスツレラ感染症〔ぱすつれらかんせんしょう〕

 パスツレラ科の病原性細菌はグラム陰性の小さな短桿菌(たんかんきん)で、パスツレラ属、ヘモフィルス属、アクチノバチルス属に分類されます。
 パスツレラ属の菌による感染はイヌやネコとの接触やかまれて感染することが多く、動物との関連がはっきりしない場合も少なくありません。病型としてはかまれた局所の皮膚感染病変にとどまるもの、菌血症や敗血症を起こすもの、慢性呼吸器感染症を呈するものなどが知られています。動物にかまれたら、その部分を洗い、消毒することが大切です。
 ヘモフィルス属ではインフルエンザ菌による肺炎が有名です。肺炎や慢性呼吸器感染症の原因菌となります。また髄膜炎を起こすことがあります。パラインフルエンザ菌は比較的病原性が弱く肺炎を起こすことはほとんどありません。性感染症の一つである軟性下疳(げかん)はヘモフィルス・デュクレイによるもので、局所の潰瘍と鼠径(そけい)リンパ節腫脹が特徴で、日本ではまれです。
 アクチノバチルス属は口腔(こうくう)内に常在する嫌気性菌で、歯周炎の原因となります。抜歯など歯科処置の際に傷口より侵入し、菌血症や心内膜炎を起こすことがあります。

医師を探す