これからの寄生虫病と予防

 寄生虫病は、熱帯・亜熱帯地域の途上国では日常生活の場でふつうにみられる病気です。回虫(かいちゅう)症には世界で10億~14億人が、鉤虫(こうちゅう)症の感染者は世界で13億人ともいわれています。そのような状況下、国際交流や海外旅行ブームで多くの人が海外へ出かけ、特に熱帯・亜熱帯地域で日本と同じ生活スタイルで過ごして、風土病に感染して帰国する人が多くみられるようになりました。これらのなかには、日本ではみられないマラリアなど、的確な診断がつかない場合には死につながる寄生虫病もあります。帰国後、発熱、下痢などがあった場合には、海外から帰国したことを必ず医師に話し、熱帯病も考えに入れて診断してもらうことが大切です。
 次に、ペットブームやゲテモノ食いによって、動物の寄生虫が人に感染することが多くみられるようになりました。ペット動物の種類が多くなり、また、ペットとの距離が密になるにつれて感染の機会もふえてきています。特に、野生動物の寄生虫が人に感染した場合にはまだ未知のことが多いので、野生動物をペットとして飼う場合は注意が必要です。
 寄生虫病は食べ物や水とともに、また、手指に付着して口から感染することが多いです。野菜を生で食べるときには、流水でよく洗うこと、海外旅行のときには生水、生の食べ物は食べないことが予防のうえで大切となります。
 動物の寄生虫にはヘビなどいわゆるゲテモノを生で食べたり、ペットなどの動物にさわったりして感染します。ゲテモノは必ず十分に火を通してから食べるようにし、食事の前や動物と遊んだあとには必ず手を洗うことを習慣づけてください。また、熱帯地への旅行では、熱帯病・寄生虫病を媒介するカなどの昆虫に刺されないように、長袖・長ズボンや虫よけスプレーの準備も必要です。さらに、その土地で流行している寄生虫病について知識をもち、無理な行動をしないことも寄生虫感染症の予防につながります。
 そのほか、コンタクトレンズの保存液の衛生管理がわるいため、アカントアメーバ症に感染する例も多くみられるようになりました。コンタクトは正しい使いかたをするように気をつけましょう。
 最近、地球の温暖化が問題になっています。WHO(世界保健機関)によると、3~5℃の気温の上昇でマラリアの流行地は2割拡大し、患者数は5000万~8000万人も増加すると予想されています。平均気温が3℃上昇すると媒介カの生息域がひろがり、2050年には大阪などの西日本は流行地になってしまい、さらに人口集中と都市化で高温になっている東京周辺もマラリア流行の危険地になってしまいます。地球の温暖化を身近なものととらえ、熱帯・亜熱帯地域で流行している寄生虫病の知識が必要となるでしょう。

他の病気について調べる

  1. 家庭の医学
  2. 全身の病気
  3. 寄生虫病