ミルクの利点と問題点

 いまのミルクはどれも、たんぱく質が赤ちゃんでも消化しやすいかたちになっており、成分的には母乳と大きな差はありません。どちらも100mLあたり65~75kcalほどです。母乳がすこしでも出る場合には、ミルクを足してうまく授乳すればよいでしょう。
 問題点は、牛乳は牛のたんぱく質を含み、それへのアレルギーの可能性があること、免疫グロブリンは含まないこと、などです。
医師を探す