離乳について

 乳汁だけの栄養から、固形物を食べられるようになるのが離乳です。食べる、かむ、飲み込むは、自然に備わっている能力ではなくて、練習しないと獲得できないため、やわらかい食物から、しだいにかたくして食べられるようにするための練習期間です。

■離乳の進めかた
 6カ月ころに本格的に開始します。それまでは、果汁、スープなどで、乳汁以外の味に慣れておくとよいでしょう。離乳の進行は個人差があり、あせらずに進めてください。最初はいやがって、舌で押し出してしまうことがほとんどです。知らない味と舌ざわりだからです。大人でも最初の食物には慎重になるのと同じです。むり強いせずに、食べなくてもあわてず、別のものをためしてください。何度かくり返すうちに食べるようになります。一度舌で押し出されるとがっかりしますが、この時期はこれがあたり前なので、拒絶されたように思わずに、翌日もう一度ためします。この時期は親に忍耐がいる時期です。

■食べる機能の発達
 食べる練習ですから、その発達を知っているとあせらずにすみます。5~6カ月はドロドロ期、7~8カ月は舌でつぶす時期、9~11カ月は歯ぐきでつぶす時期、12~15カ月は離乳完了の時期で、歯ぐきでかめるようになります。

1.5~6カ月(ごっくん期)
 口に入ったドロドロのものをごっくんと飲み込むことが最初です。口を閉じて飲み込む動作を覚える時期です。飲み込みにくい子はちょっと下くちびるを閉じてやると、飲み込みやすくなることがありますが、たいていは自分でできます。
2.7~8カ月(もぐもぐ期)
 口を閉じて、あごが上下運動して舌でつぶして食べます。舌でつぶせるかたさであることが大事です。
3.9~11カ月(かみかみ期)
 舌が上下左右に動いて、歯ぐきでつぶして食べます。
4.1歳
 歯ぐきでつぶせるものを、舌・あごでいろいろな方向に動かして食べます。
 この順番で経験しないと、上手に食べられません。何カ月だからとあせって一挙にかたいものに移行したために、丸飲みしてひどい便秘になった例もあります。それぞれの時期にしっかりと練習して離乳を進めてください。

■離乳食の準備
 少量の離乳食の準備はたいへんです。もちろんていねいに手づくりするのは、たいへんけっこうですが、その時間がない場合もあります。離乳食は大部分が冷凍可能ですから、つくったら1回分に小分けして冷凍すると便利です。
 また、市販のビン詰め、フリーズドライ品などを上手に利用すれば、メニューをふやすのにも便利です。
 大人の食事から、豆腐、いも類、魚などのつぶせるおかずをあげるのもよい方法です。電子レンジを上手に利用して工夫することもできます。離乳食つくりは面倒ですが、いろいろな工夫を楽しんでください。そのうちに、離乳の時期が自然に過ぎて、大人と同じ食事がとれるようになります。

■離乳食で発疹が出たら
 離乳食ははじめての食品が多いために、食べたあとに発疹(ほっしん)が出る場合があります。一度発疹が出ただけでは、禁止する必要はありませんが、くり返し同じ食材で出る場合には、医師に相談して、アレルギーかどうかの判断が必要です。アレルギーではなくても、体内で似た作用を起こす成分を含む食材があり、慣れると出なくなることがあります。
医師を探す