ミルクの与えかた

1.哺乳ビンと乳くびの準備
 哺乳ビンと乳くびを消毒します。熱湯消毒でも専用の市販の消毒薬でもかまいません。
2.調乳
 ミルクは専用の計量用スプーンで規定量をはかって、60℃程度のお湯に十分に溶かし、人肌にさましてから飲ませます。消毒した哺乳ビンで直接溶かしてください。ミルクを入れた哺乳ビンをほおに当てたとき、軽くあたたかさを感じる程度が適温です。長くほおに当てていられない程度では熱すぎます。
3.哺乳のしかた
 母乳と変わりません。赤ちゃんの口にしっかりと乳くびを当てます。乳くびは、成長に伴い替えていきます。だいたいは市販の説明書のとおりですが、赤ちゃんによっては好みがあり、吸いがわるいときには替えてみるとよいことがあります。あまりたくさん出すぎても、出がわるくても吸いにくいので、ミルクを入れた哺乳ビンを逆さまにして、ポタポタと1秒前後に1滴落ちる程度がちょうどよい出かたです。
4.その他
 抱きかた、授乳のしかた、回数、時間、ゲップを出すなどは、母乳もミルクも変わりありません。ベッドに寝かせたまま哺乳ビンを含ませることなどは、赤ちゃんにとってマイナスです。ミルクタイムは親と子の大切な交流の時間です。赤ちゃんの哺乳のリズムに合わせながら授乳してください。
医師を探す