特殊なミルクが必要なとき

●ミルクたんぱくアレルギーのとき
 湿疹がひどくて、ミルクを飲むと悪化するときには、医師の指示でたんぱく分解ミルクが有用です。新生児期からミルクアレルギーによって血便が出ることもあります。
●下痢が続いて乳糖不耐症と診断されたとき
 下痢が長期化すると、乳糖分解ができなくなり、母乳やミルクを飲むたびに下痢をくり返し、なかなか治癒しないことがあります。医師の診断と指示のもとに、乳糖を含まないミルクをしばらく使用したり、乳糖を分解する薬を服用すると腸の状態は治癒しますので、またもとの栄養に戻れます。なお、下痢をしたらミルクを薄めるのは昔のやりかたです。
●先天性代謝異常のとき
 フェニルケトン尿症、ガラクトース血症などの代謝の病気のときには、特定の成分が入っていない治療用ミルクが必要です。先天性代謝異常症
医師を探す