水分摂取の大切さ

 わたしたちのからだの60%は水分です。水はからだのなかでは血液や体液となって、からだ中に栄養成分を運んだり、汗や尿となって体内でいらなくなった有害な成分をからだの外に出してくれます。食事をとらなくても短期間は生きていられますが、水なしでは生きていられません。
 からだのなかの水分が不足すると血液の濃度が濃くなり、血液の流れもわるくなります。血栓の心配のある人は特に注意が必要です。このため、下痢、嘔吐(おうと)、発汗(熱で汗が出たときも同様です)などで水分が失われたとき(脱水)には水分の補給がなによりも重要となります。
 このほか、子どもや高齢者はちょっとしたことで脱水状態になりやすいので、入浴前後、就寝前、起床時には水分をとるようにします。このときの水分は水や白湯(さゆ)、薄めの緑茶類がよいでしょう。
 下痢や嘔吐などで塩類(ミネラル)も失われている場合には、スポーツ飲料を薄めたものや、野菜スープなどで塩類を補います(市販のスポーツ飲料は甘味が強いものが多くありますが、最近では脱水時の水分補給の飲み物である、経口補水液も売られていますので、利用するとよいでしょう)。