アルコールの功罪

 大人が集まって食事をする場には、必ずといっていいほどアルコールが食卓に並びます。アルコールはどんな役割を果たしているのでしょうか。アルコールは気持ちをリラックスさせてくれます(この程度の飲みかたが適量です)。会話が弾み、食事をおいしくする役割もあります。どれも栄養的な役割ではありません。
 もっとも、最近、「適度な」飲酒はからだによいという報告もありますがアルコールはやはり「食事の潤い」です。この適度には個人差がありますが、厚生労働省が「節度ある適度な飲酒」としては、1日平均純アルコール量で約20g程度という指針を示しています。このアルコール量は、ビールでは530g(525mL)、日本酒165g(165mL)、35度焼酎で70g(73mL)、ウイスキー60g(62mL)に含まれています。以下にアルコール20gを含むアルコール飲料の量を示しますが、この「g」はそのまま「mL」に読み替えても大きな差は生じません。


●アルコール20gを含むアルコール飲料
種類アルコールの濃度
(%)
アルコール20gを含む量
(g)
清酒12.3165
ビール(淡色)3.7530
ぶどう酒(赤)9.3220
紹興酒14.1140
しょうちゅう(35度)2970
ウイスキー33.460


□アルコールの罪
 常習的にアルコールを大量に飲むと、肝疾患、膵(すい)疾患、脳卒中等の原因となります。しかし、日常的に多い問題は、おつまみも含め食が進みエネルギー量が多くなりがちになったり、反対に食事をせずにアルコールばかりを飲み、栄養がとれないことなどです。
 いっぽうでアルコール依存症や未成年者の飲酒、若者の一気飲みなどの諸問題がありますが、これらは精神面からのはたらきかけや社会環境の整備などの問題がからみ、食生活の改善では解決がむずかしい問題です。
 厚生労働省では「健康日本21」でアルコールについて次の目標を掲げています。
 1.1日に平均純アルコールで約60gを超え多量に飲酒する人の減少。
 2.未成年の飲酒をなくす。
 3.「節度ある飲酒」としては、1日平均純アルコールで約20gである旨の知識を普及する。
 アルコールは食事をおいしくしたり、会話を楽しくしたりするための潤滑油です。適量をゆっくり楽しく飲んでください。日本アルコール健康協会では、アルコールは食事をしながらゆっくり飲む、週2日くらいはアルコールを飲まない日をつくることなどをすすめています。