産科手術

解説
 子宮口が全開大したのち、次のような場合に、吸引(きゅういん)分娩や鉗子(かんし)分娩をおこなって、胎児を人工的に娩出(べんしゅつ)させます。
 1.分娩が遷延(せんえん)し、産婦が疲れて陣痛が弱くなり、いきめなくなったとき
 2.産婦に心臓病などの内科的な合併症があり、分娩第2期を短縮させたいとき
 3.胎児の心音がわるくなったとき
 4.児頭の回旋(かいせん)に異常があるとき
 5.麻酔のために産婦がいきめないとき
など。
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会