鉗子分娩

 図のように、金属性のへら(鉗子〈かんし〉)で児頭をはさみ引き出す方法です。
 母体に対しては軟産道の損傷、児には分娩(ぶんべん)損傷(頭蓋〈とうがい〉内出血、顔面の損傷等)などの合併症を起こすことがまれにあります。

(執筆・監修:同愛記念病院 産婦人科 磯野 聡子)
医師を探す

他の病気について調べる