インタビュー

過敏性腸症候群は一生の病気=鳥居明医師に聞く(下)

 日常生活に影響を与える過敏性腸症候群(IBS)の原因となるストレス自体を軽減するのは、現代の社会生活を送る中ではなかなか難しい。ストレスとある程度共存していかなければならないが、鳥居明医師は「適切な治療を受けていれば症状が軽減され、日常生活に支障を感じない状態になる」と言う。

 ◇有効な治療薬登場

 「IBSの治療に取り組み始めた頃は、直接症状を改善する治療薬はなく、問診を重ねながら病気への理解や医師への信頼を高め、下痢や便秘といった症状を緩和する薬を対症療法的に使っていくしかなかった。現在では治療法も進歩し、下痢型に続き、2017年になって便秘型に対しても有効な治療薬が登場した。治療効果は大幅に向上している」。これらの薬は異常な腸の活動をコントロールする効果があり、長期間の服用も可能だ。適切な量を服用し続ければ、症状が出ない状態にまで改善することができる。

 市販の下剤や下痢止め薬で症状を一時的に抑えていくと、症状が悪化する恐れがある。長期的な服用は薬の効き目を弱め、より強い薬を求めたり、規定以上の量を服用したりするといった問題を引き起こしかねない。鳥居医師は「もともと市販薬は一時的な服用を前提にしている。適切な治療薬を選び、その薬の適切な服薬量を見いだすためにも、まずは医師の診察を受けてほしい」と注意を喚起する。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ