治療・予防

異物誤飲で消化器に傷
魚好きは特に注意

 魚の骨などの異物を誤って飲み込むと、まれにだが腸や肛門などに刺さって穴が開き化膿(かのう)することがある。このうみの塊が「膿瘍(のうよう)」で、腹部に生じたものを「腹部膿瘍」と呼んでいる。赤穂市民病院(兵庫県赤穂市)の高原秀典外科部長に話を聞いた。

 ▽魚や鶏の骨を誤飲

魚の骨の誤飲が手術を招くことも
 農林水産省が2013年に実施した調査によると、「魚介類を食べるのが好きか」との質問に、「好き」または「どちらかといえば好き」と答えた人の割合は85・6%に上った。魚好きが多いためか、日本人が食事の際に誤って飲み込む異物の約半数が魚の骨という調査結果もある。

 高原外科部長は「魚の骨以外では鶏の骨も多いのですが、中には、くわえていた爪ようじを気付かない間に飲み込んでいたというケースもあります」と話す。

 飲み込んだ魚の骨などはさまざまな場所に刺さって穴が開き、細菌に感染し炎症を起こしてしまう可能性がある。まれにだが小腸と大腸の間にある弁や肛門付近にまで達することもある。「異物が胃や腸などの壁を貫通し肝臓など他の臓器を傷つけることもあります」

  • 1
  • 2

新着トピックス