木谷照夫 医師 (きたにてるお)

堺市立総合医療センター

大阪府堺市西区家原寺町1-1-1

  • 血液内科
  • 名誉院長

血液内科 内科

専門

慢性疲労症候群

木谷照夫

木谷照夫医師は慢性疲労症候群の研究では日本の草分け的存在である。1990年に日本初めて症例を報告し、当初から「30代の働き盛りで発症する人が多い。疑わしいときには早めの受診を」と訴える。厚生省(当時)の疲労研究班の班長を務め、診断基準づくり、疫学調査に携わり、病因・病態の解明に向けさまざまな活動が行なっている。慢性疲労症候群は一度かかると治りにくい病気であり、周囲の病気への理解が少なく、なかには"怠け病"と思われ、そのため更に病状が悪化するケースも多い。木谷医師は「治療には社会的な理解が必要である」という。

医師プロフィール

1957年3月 大阪大学医学部 卒業
1958年4月 同上附属病院で研修、その後大阪大学医学部第二内科へ入局 助手、講師、助教授を経て
1980年11月 大阪大学微生物病研究所内科教授
1992年4月 同上附属病院院長
1993年9月 大阪大学医学部 血液・腫瘍内科教授
1996年5月 市立堺病院病院長
2015年7月 堺市立総合医療センターに病院名変更
(更新日:2014年5月27日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会