倉恒弘彦 医師 (くらつねひろひこ)

大阪市立大学医学部附属病院

大阪府大阪市阿倍野区旭町1-5-7

  • 疲労クリニカルセンター
  • 客員教授

内科 心療内科

専門

内科学、疲労科学

倉恒弘彦

1980年代にアメリカで報告された慢性疲労症候群(chronic fatigue syndrome:CFS)、最近ではイギリスやカナダで報告されている筋痛性脳脊髄炎(myalgic encephalomyelitis:ME)とともに、筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)と診断されるようになってきた。
 日本では約12~36万人の患者がいると推定されており、倉恒弘彦医師は厚生労働省や文部科学省の研究班代表を歴任するなど、ME/CFS医療において中心的役割を果たしてきた。その活動は原因解明から診断法・治療法の確立、地域医療体制の構築まで実に広範囲に及ぶ。最大の問題はME/CFSを理解して専門的に検査を実施する医療機関が大変少ないという点。今後は開業医でも容易にできる診断法を確立・普及させ、医療連携を全国に拡大させていきたいという。

医師プロフィール

1988年3月 大阪大学大学院医学系研究科修了
1988年4月 大阪大学微生物病研究所助手
1992年4月 大阪大学医学部血液・腫瘍内科学助手
1993年9月 大阪大学医学部血液・腫瘍内科学講師
2001年7月 大阪大学大学院医学系研究科分子病態内科学助教授
2002年4月 関西福祉科学大学健康福祉学部教授
2002年8月 大阪市立大学医学部客員教授
2008年10月 東京大学大学院農学生命科学研究科特任教授
2008年10月~2017年3月 東京大学大学院農学生命科学研究科 特任教授
2013年4月~ 関西福祉科学大学健康福祉学部 学部長(教授)
(更新日:2017年2月22日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会