村上正人 医師 (むらかみまさと)

山王病院

東京都港区赤坂8-10-16

  • 心療内科
  • 部長
  • 国際医療福祉大学教授

心療内科 内科

専門

ストレス関連疾患、慢性疲労、慢性疼痛、心療内科学、リウマチ学・呼吸器病学、心身医学的治療法、認知行動療法、交流分析療法、漢方療法

村上正人

村上正人医師は慢性疲労や慢性疼痛の治療と研究に取り組んでいる。病歴から発症の背景にある身体的、心理社会的要因を解析し病態の解釈と診断を行う。ストレスに対する感受性や対処能力、社会的スキルや問題解決能力などを探り、全人的、総合的治療を心掛けている。必要に応じて公認心理師・臨床心理士によるカウンセリングを導入。認知行動療法や交流分析療法で有効なストレス対処法を身につけ、自律訓練法で自分をリラックスできる技術を修得するなど、心身の両面から慢性疲労、慢性疼痛へのアプローチを試みている。

診療を受けるには

外来は、月曜・木曜・金曜の午前午後で、完全予約制。(但し、月曜と木曜の予約は16時まで)。詳細は病院ホームページで要確認。

医師プロフィール

1976年3月 日本大学医学部 卒業
1977年 日本大学医学部第一内科学教室入局
1982年~1985年 米国クリーブランドクリニックリサーチフェロー
2011年 日本大学医学部呼吸器内科学分野診療教授
2012年 日本大学医学部附属病院心療内科部長
2015年 山王病院心療内科部長、国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授
2018年 国際医療福祉大学赤坂心理・医療福祉マネジメント学部心理学科教授

所属学会

【専門資格】
日本心身医学会指導医・専門医、日本心療内科学会専門医、日本リウマチ学会専門医、日本内科学会認定医、人間ドック学会認定医、日本医師会認定産業医、日本交流分析学会認定スーパーバイザー、日本自律訓練学会認定専門指導医
【所属学会】
日本心療内科学会理事、日本ストレス学会副理事長、日本線維筋痛症学会(理事)、日本心理職協会・現代QOL学会理事、日本心身医学会名誉会員、日本疼痛学会名誉会員、日本呼吸ケア・リハビリテーション学会名誉会員、日本内科学会、日本疲労学会、日本うつ病学会、日本リウマチ学会、日本行動医学会、日本不安症学会、公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター評議員など

主な著書

『線維筋痛症ガイドライン』(分担)( 2017年 日本リウマチ財団)
『自律神経失調症の治し方が分かる本』(2011年 主婦と生活社)
『ストレス科学事典』(編集幹事) (2011年 実務教育出版)
『ストレス百科事典』(編集幹事) (2009年 丸善出版)
『ストレス対策で病気を防ぐ・治す本』(2009年 主婦と生活社)
(更新日:2021年2月9日)