班目健夫 医師 (まだらめたけお)

青山・まだらめクリニック

東京都港区南青山2-26-35 青山KKビル6F

  • 内科、統合医療、漢方内科
  • 院長

内科 総合診療科 東洋医学

専門

自律神経免疫治療、自律神経免疫療法、統合医療、 代替医療、悪性腫瘍、がん治療、慢性疲労症候群、線維筋痛症

班目健夫

班目健夫医師は、自律神経免疫治療や気診治療、灸や湯たんぽなどを使うなど薬物療法に頼らない治療を行う。30年前から慢性疲労症候群の治療を始め、42%と高い治癒率を誇る。慢性疲労症候群には線維筋痛症の合併頻度が高いが、合併例を治療した報告が少なかったという。ともに難病で治療できる医師が少ないなか、線維筋痛症では約35%の患者で疼痛および圧痛点の消失を経験している。完治しなくともせめて日常生活に支障のない状態には近づけるよう丁寧で注意深い治療を行う。

診療を受けるには

完全予約制。診療時間は、月曜・火曜・水曜・金曜9:00~11:30、13:00~16:30(木曜・土曜は午前のみ)、土曜の診療時間は12:30まで、夕方診療時間は16:30~18:00。

医師プロフィール

1980年 岩手医科大学医学部卒業・同大学院入学(病理系)、岩手医科大学第一内科入局
1984年 医学博士号取得
1988年 岩手医科大学第一内科助手
1996年 東京女子医科大学附属東洋医学研究所研究生
1997年 東京女子医科大学附属東洋医学研究所助手
2002年 東京女子医科大学附属成人医療センター自然医療外来兼務
2003年 東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック助手
2004年 東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック講師
2011年 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所開設

所属学会

医学博士、日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本疲労学会評議員、日本線維筋痛症学会評議員、日本東洋医学会元東京都部会幹事・元東京都部会副会長、日本統合医療学会代議員、人体科学会理事、日本自律神経免疫治療研究会理事、針灸気診研究会幹事・研究科講師、気の医学会事務局担当世話人

主な著書

『「首のスジを押す」と超健康になる (自律神経を整えて体を活性化する)』(2014年マキノ出版)
『免疫力を高める「副交感神経』健康法」(2012年 永岡書店)
『免疫力アップ!「湯たんぽ」で「冷え性」が治る 低体温が万病のもと』(2009年 大和書房)
『「湯たんぽを使う」と美人になる 4つの筋肉を温めるのがコツ!』(2006年 マキノ出版)
『「体の冷え」をとって病気を治す! 効果バツグン! 「湯たんぽ」と「爪もみ」でみるみる丈夫になる』(2006年 大和書房)
『気功・太極拳』(2007年 金芳堂)
『「うつ」は温めて治す』(2009年ソフトバンククリエイティブ)

医師発信欄

日本自律神経免疫治療研究所: http://jiritsushinkei2.blog.so-net.ne.jp/
湯たんぽのブログ: http://ameblo.jp/cam-2014/
青山・まだらめクリニック: http://dr-madarame.com
Facebook:青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所: http://www.facebook.com/pages/青山まだらめクリニック-自律神経免疫治療研究所/276498942383295
(更新日:2019年7月3日)