磯部光章 医師 (いそべみつあき)

榊原記念病院

東京都府中市朝日町3-16-1

  • 循環器内科
  • 院長

内科 循環器科

専門

循環器内科臨床一般、心不全、心筋症、心臓移植、動脈硬化、高安動脈炎、移植免疫、医学教育

磯部光章

磯部光章医師は、1952年生まれ。1978年3月東京大学医学部卒業。心不全、心筋症、心臓移植において、世界を代表する研究者の一人。東京医学医学部卒業後、東京大学第三内科、三井記念病院勤務を経て1987年から1992年までハーバード大学マサチューセッツ総合病院で心臓移植の基礎研究に従事する。心臓移植の最大の課題である拒絶反応に関して画期的な研究成果を出し、世界中のメディアが注目、一躍時の人となる。2012年に日本心不全学会理事長に就任。心不全学会の国際化、市民公開講座の開催、チーム医療の推進、BNP検査の普及等、様々な学会活動を通じて我が国の循環器内科の発展や診療向上、人材育成に大きく寄与している。研究のみならず、臨床においても重きを置き、患者とのコミュニケーションの重要性を訴える。一般の人に心不全の早期発見の重要性を理解してもらうため「隠れ心不全」という言葉を打ち出し、市民公開講座を積極的に開催。啓発活動にも注力する。さらに医学教育にも力を入れ、17年間教鞭を振るった東京医科歯科大学ではベストティーチャー賞、ベストプロフェッサー賞を9回受賞するなど講義には定評があり学生からの信頼も厚い。2017年3月東京医科歯科大学を早期退任し、榊原記念病院院長に就任。名門の循環器病院の新たな発展に人力している。

診療内容

院長を務める榊原記念病院は、1977年に心臓外科医のパイオニアの一人である故 榊原 仟医師が設立した循環器専門病院。2003年に現在地である府中に新築・移転し、循環器医療と救急医療を主とした地域支援型専門病院としてスタートした。新生児から高齢者まで、心臓病・高血圧・血管病・心臓リハビリテーション等の高度な専門医療を提供している。2014年には産婦人科を開設、地域の周産期医療、婦人科医療の受け入れも行っている。

磯部医師の専門である、循環器内科は約40名の体制で循環器疾患の急性期疾患(急性心筋梗塞、狭心症、急性大動脈解離、不整脈、心不全など)の診断・治療を中心に24時間体制で取り組んでいる。

専門的予防と治療を必要とする心筋症、弁膜症、不整脈、高血圧などは、精度の高い心臓超音波検査、非侵襲的画像診断(核医学・三次元CT・MRI)を使用し、カテーテル治療、ペースメーカー・植え込み式除細動器(ICD)、心不全に対する心臓再同期療法(CRT-d)など、最先端の治療を数多く行っている。心臓血管外科と緊密に連携しているのも特徴で、チーム医療での弁形成術や置換術、冠動脈バイパス術、心筋症の手術、大動脈解離や真性瘤への手術、胸部腹部大動脈瘤のステント内挿術などで良好な成績をあげている。

アフターフォローも手厚く、心筋梗塞後や手術後の患者にはレベルの高い心臓リハビリテーションを導入し、社会復帰まで積極的に支援を行っている。

医師プロフィール

1971年4月 東京大学教養学部理科II類入学
1973年4月 東京大学医学部医学科進学
1978年3月 東京大学医学部医学科卒
1978年6月 東京大学病院内科研修医
1980年1月 三井記念病院内科医員
1985年8月 東京大学医学部第3内科助手
1987年8月 ハーバード大学マサチューセッツ総合病院心臓内科(1992年3月帰国)
1992年5月 東京大学医学部第3内科助手
1993年7月 信州大学医学部第1内科助教授
1999年10月 東京医科歯科大学医学部第3内科助教授
2000年4月 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科循環制御内科学助教授
2001年4月 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科循環制御内科学教授
2014年4月 病院長補佐
2015年6月 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科循環制御内科学主任教授
2017年3月 同大学特命教授、名誉教授
2017年4月 榊原記念病院院長就任

「狭心症・心筋梗塞・心不全」を専門とする医師