医療と介護の双方の支えが必要になる

■介護保険の利用
 ここでは、認知症に限らず要介護高齢者が利用できる介護保険サービスを紹介します。介護保険の要介護認定によって、受けられるサービス、時間には制限があります。
(1)自宅で利用できるサービス
 訪問介護:家事援助(調理、洗濯、掃除などの家事)と身体介護、ADL(日常生活動作)援助(入浴、排せつ、食事などの介護)があります。
 訪問看護:床ずれの処置、栄養管理、服薬管理、排せつケアなどをします。独居者などには、夜間でも巡回対応するサービスもあります。
(2)自宅から通って利用するサービス
 デイサービス(日帰り介護):食事、入浴、その他の必要な日常生活上の支援や生活機能訓練などを9〜16時くらいの時間おこないます。送迎があり、日帰りで提供するサービスです。
・認知症対応型通所介護:認知症の訓練、緩和、刺激療法などおこないます。一対一の認知症短期集中リハビリテーションは1回20分週2回、6カ月までおこないます。
・ショートステイ:介護老人保健施設などに短期間入所してもらい、医師や看護職員、理学療法士らによる医療や機能訓練、日常生活上の支援などをおこなうサービスで、3日から1週間が目安です。なお、医療的なサービスが受けられる短期入所療養介護と基本的に医療サービスが受けられない短期入所生活介護の2つに分けられています。
・小規模多機能型居宅介護:通所を基本としながら、家族の疲弊に応じて、泊まりができるサービスです。
(3)自宅から離れて受けるサービスで在宅と区分されるサービス
 高齢者住宅サービスの内容はさまざまで入居する前に十分調べ、入居者や家族の評判を調べておくことが必要です。
・グループホーム:共同生活をおこない、残された機能を生かして暮らします。
(4)施設介護 要介護3以上が対象となるサービス
・介護療養型医療施設:急性期を過ぎて、医療サービスは必要なものの安定期にあり、生活介護も必要な人に適した施設。
・介護老人保健施設:入所者に対してリハビリテーションなどの医療サービスを提供し、家庭への復帰を目指す施設。一対一の認知症短期集中リハビリテーションは1回20分週3回、3カ月まで。
・介護老人福祉施設:寝たきりや認知症などで、常に介護が必要で自宅での生活がむずかしい人のための施設で、亡くなるまで入所します(終生介護)。

医師を探す