その他の認知症〔そのたのにんちしょう〕

 アルツハイマー型認知症と同様に脳の変性によって起きる病気として、レビー小体型認知症と前頭側頭型認知症が注目されるようになっています。
 レビー小体型認知症はアルツハイマー型認知症と症状は似ていますが、認知機能がよくなったり悪くなったりの変動があること、パーキンソン症状を伴って転倒しやすいこと、人物や小動物などがありありと見える幻視が出やすいこと、早い段階からレム睡眠行動異常がみられることなどが特徴です。前頭側頭型認知症は前頭葉や側頭葉の萎縮がみられる疾患で、40~50歳代の発病が多く、無気力になったり、行動に抑制がきかなくなったり、思いやりがなくなったり、同じ行動をくり返したり、食べることにこだわったりするなど、人柄が変わってしまうのが特徴です。
医師を探す
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会