滲出性中耳炎〔しんしゅつせいちゅうじえん〕

 発症のピークは就学前で、耳痛を伴うことがないことでも知られ、子どもにもっとも多くみられる中耳炎です。両側の耳に同時に生じます。鼓膜は中耳腔内の滲出液のために動きがわるく暗くみえます。多くの場合、急性中耳炎にひき続いて起こります。軽い難聴を伴い、再発しやすく、難聴の期間が長くなると、学童の場合は学習や生活に影響することがあります。
 鼻と中耳をつなぐ耳管がアデノイド(咽頭扁桃〈いんとうへんとう〉の肥大)でふさがれたり、鼻咽腔(びいんくう)に慢性的な炎症があると耳管に炎症が起こって機能が低下し、閉塞します。
 その結果、滲出液が中耳の血管から滲み出し、中耳腔にたまります。両耳がつまった感じがして軽い難聴を伴いますが、耳だれや痛みはありません。テレビのボリュームを大きくしたり、聞き返しが多くなることで周囲の人が気づきます。
[治療]
 耳管の機能障害を改善するために、抗炎症薬や抗ヒスタミン薬、マクロライド系の抗生物質が使用されます。マクロライド系抗生物質の少量長期投与は、鼻副鼻腔炎などの合併症に対して有効です。
 難聴の症状を取り除くには、鼓膜を切開して中耳腔の滲出液を吸引除去します。このとき直径2~3mm、長さ5~6mmのシリコーンやチタン製の鼓膜チューブを鼓膜にはさむように挿入します。この治療によって中耳に外耳道から空気が入るようになり、滲出液は鼓膜チューブから吸引除去されます。
 アデノイドが大きい場合は、全身麻酔をして手術で切除することもあります。ほかに原因がある場合もその治療が必要です。このような治療で聴力は正常に戻ります。
 挿入したチューブは3~6カ月で自然に取れます。この時点で治癒している場合もありますが、再発していることもあります。チューブが取れたまま放置したり、無理に抜いたりすると、再発により鼓膜の切開をくり返す場合もありますが、チューブの穴が残ることはまれです。
 チューブが入っていても、ふつうに生活できます。水泳をするときは、耳栓をして耳に水が入らないようにします。
 大人で滲出性中耳炎が生じる場合、上咽頭がんが疑われます。耳管が上咽頭のそばでふさがれるためです。
医師を探す