間質性膀胱炎〔かんしつせいぼうこうえん〕

 原因不明の膀胱の炎症性疾患で、膀胱部の不快感、疼痛(とうつう)、頻尿などを伴います。症状は通常の膀胱炎と似ていますが、尿検査では、血尿などの異常はなく、細菌の感染もありません。抗菌薬などをのんでも症状は改善しません。原因としては、膀胱の粘膜の異常、異常な免疫反応、尿中の毒性物質などが想定されています。
 内視鏡検査では、膀胱の中には特有の病変(ハンナ病変)がみられます。ハンナ病変のない場合は、膀胱痛症候群と呼んで区別します。
 治療としては、膀胱水圧拡張術やハンナ病変の焼灼術(しょうしゃくじゅつ)などの内視鏡手術、内臓痛に対する鎮痛薬、膀胱内薬液注入などがおこなわれます。膀胱痛症候群では、膀胱水圧拡張術や鎮痛薬に限られます。いずれの場合も、刺激性の高い食事や飲み物を避けることが重要です。

(執筆・監修:日本赤十字社医療センター 院長 本間 之夫)
医師を探す