腰椎分離症〔ようついぶんりしょう〕

 腰椎の椎弓(ついきゅう)の一部に分離ができ、腰痛などの症状が出たものを分離症と呼びます。多くは第4腰椎または第5腰椎にみられます。小中学生の過度のスポーツ活動により、同部の疲労骨折として生じるとされています。X線検査で分離をみとめるもののまったく症状のない場合も少なくありません。一般的には、ときどき軽度の腰痛をみとめる程度であり、日常生活やスポーツにはほとんど支障はありません。椎間板(ついかんばん)の変性が進み、椎体が前方にすべると腰椎分離すべり症と呼ばれます。いずれも腰をうしろに反らすと痛みがみられます。腰椎分離すべり症では神経根が圧迫され、腰痛のほかに坐骨神経痛がみられることがあります。

[治療]
 腰痛症と同様です。小児の分離症では骨癒合(こつゆごう)が期待できることもあります。しばらく運動を休み、コルセットを装着します。
 大人の分離症や分離すべり症で腰痛や坐骨神経痛が強く、歩行障害が続くような場合には、腰椎固定術をおこない痛みを取り除くことが可能です。
医師を探す