腰椎変性すべり症〔ようついへんせいすべりしょう〕

 腰の骨の関節や椎間板(ついかんばん)の加齢的変化が原因で背骨がずれ、腰痛を生じたものを腰椎変性すべり症といいます。中年以降の女性に多くみられ、通常は4番目の腰椎と5番目の腰椎の間ですべり症がみられます。はじめは腰痛だけをうったえることもありますが、足の痛みやしびれ、歩行障害など、腰部脊柱(せきちゅう)管狭窄(きょうさく)症と同様の症状があらわれます。すべりの程度は腰を前に曲げると強くなることが多いのですが、症状は逆で、腰をうしろに反らすと神経の圧迫が強くなり腰痛や足の痛みが増悪します。
 X線検査ですべりを知ることができますが、神経の圧迫のようすはMRI(磁気共鳴画像法)検査で調べるとわかります。


[治療]
 治療方法は腰部脊柱管狭窄症と同様ですが、手術の際に固定術が必要となることがあります。
医師を探す