自助具

 自助具とは、基本的に日常生活や生活関連動作の障害を改善する道具の一つですが、一般に使用されている道具や器具を使いやすいように工夫や改造をしたり、その目的のために開発されたものです。食事、整容、更衣、書字、排泄(はいせつ)、家事などの基本的生活動作(ADL:activities of daily living)から、電話など通信機器や環境制御装置の一部まで含めて、身のまわりの生活活動に関連したものが対象となり、それによっていろいろな動作を可能にして自立度を高めることができます。

 生活の手段的活動や職業、あるいは介護のための機器類も含めて、福祉機器とかテクニカルエイドとして、まとめられることもあります。たとえば食事動作では、箸やスプーンをにぎる動作、食べ物を取ったりすくう動作、食べ物を口へ正確に運ぶ動作がありますが、にぎる動作では「握り」部分を太くしたり、障害や程度に応じたかたちの工夫をします。食べ物をすくって口に運ぶ動作では、手指の機能よりも、手関節、前腕、ひじ関節などの協力した動作によるところが大きいため、すべての動作を補うことがむずかしいものの、スプーンの柄の長さや彎曲(わんきょく)で機能を代償します。
 ほかには、コップホルダーなど食器を把持(はじ)するものや、食器の縁を高くして片手ですくっても食べ物がこぼれないように工夫されているものもあります。

■代表的な自助具類
□食事動作用品
 滑りどめマット…皿などを固定して食物をすくいやすくする
 フードガード…皿の縁に取りつけて食物のこぼれるのを防ぐ
 スプーンホルダー…握力の弱い人用
 ボトルオープナー…片手でびんのふたがあけられる
 長柄付きスプーン…関節の運動制限に対して有効
 カフ付きスプーン…にぎれない人がスプーンを保持する
 マジックテープ付きコップホルダー…にぎれない人用
□更衣動作用品
 ストッキングエイド…関節の運動制限でも靴下をはけるようにする
 ボタンエイド…手指の変形や筋力低下、失調症などに対して有効
□入浴動作用品
 滑りどめマット…タイルなどの上に敷き、転倒防止
 バスブラシ、長柄付きブラシ、ループ式タオル…からだを洗うため
 バスミット…片手での洗顔、洗体用
 バスボード…浴槽の出入り用
□排泄動作用品
 装着集尿器…男性用、女性用あり
 坐薬挿入器…片手用と両手用あり
 ふきふきリーチャー…排泄後始末用
□整容動作用品
 長柄付き歯ブラシ(リーチャー)…関節運動障害に対して有効
 長柄付きくしブラシ(リーチャー)…関節運動障害に対して有効
 片手用爪切り…てこ付き、足踏み式など
 チューブしぼり器…歯みがきチューブ用
 電気かみそりホルダー…ひげそり用
 吸盤付き手洗いスポンジ…片手しか使えない人用

 このほかにも、ドアのノブ、水道栓、ガス栓などを回しやすくする長柄、書字用ホルダー、電話ホルダー、各種リーチャー(離れているところに届かせるための工夫)など自助具の種類は多種多彩です。言語や文字によるコミュニケーションが困難な場合に用いるコミュニケーション機器も、日常生活に取り入れることがあります。
 これらを有効に使いこなすことにより、日常生活の自立度を高め、活動の範囲をひろげるために役立てます。それは、まひや拘縮(こうしゅく)の回復訓練と並行して使用され、できるだけ早く自分のことは自分でできるようにするためでもあります。やがて、使わなくてもできるようになることもあります。
 そのときの状態により、選ばれる自助具は異なり、利用法も異なることがあります。自分でする工夫も役立ちますが、専門家の助言が望まれます。デパートなどで市販されている自助具もあります。最近は各地に福祉機器展示場があり、そこで実物を見ることもできます。