車椅子

 車椅子は歩く代わりに利用する、歩けないか歩行の困難な人のためのものです。自分でこぐかこがないかによって車椅子の構造は異なります。

 また、訓練として歩行をするとしても、実用生活のためには車椅子を使用するほうが適当な場合もあります。移動手段としては歩行による移動とは別に考えることができます。
 車椅子には、標準タイプのほかにもいろいろあり、背もたれが高く、うしろに倒せるタイプ(リクライニング式)、背もたれと座面が傾き全体的に横になるタイプ(ティルト式)、スポーツ用に軽量なタイプ、前の車輪が大きいタイプ、電動車椅子などがあります。また、ブレーキのタイプ、ひじ掛けのタイプ、足台のタイプ、ハンドルのタイプ、シートの高さ、自在輪(キャスター)の大きさなど各部分は利用する場所や目的により決める必要があります。
 最近はバリアフリーの施設や公共交通機関がふえてきていますが、まだ十分とはいえず、車椅子の利用はどこでも可能というわけでもありません。また、移動時だけでなくベッド、ふつうの椅子、トイレの便座などとの乗り移りの動作のためには十分に練習しておく必要があります。乗り移りするときにブレーキを忘れないなど、安全に十分注意を払う必要もあります。そのほか、屋外では横断歩道などで段差があり、自分で越えられないこともあります。そうしたときには、人に手助けしてもらいます。