装具

 装具は、病気やけがなどにより低下したり失った身体の機能を補ったり、患部を保護、サポートをするために装着するもので、一般的に「装具」や「補装具」と呼ばれています。
 装具は上肢用、下肢用、体幹用などに分けられます。最近は機能的にも材質的にも優れたものが考案され開発されてきたので、自宅や職場でも使用される例がふえました。装具の使用目的は、関節などの障害で不安定な部分の固定、力の弱い部分の支え、変形の予防と矯正(きょうせい)、体重圧がかかるのを防ぐ(免荷〈めんか〉)などです。
 歩行時に使用される下肢装具にもいろいろありますが、自分で着けはずしできるようにして、はずしたあとで圧迫されている部分やこわれそうな部分がないかなど適宜点検することが大切です。専門家のチェックを受け、必要に応じてつくり直すことも必要です。

 長下肢装具は、ひざと足関節を固定して歩行を可能にします。股関節も固定するには、腰の高さからベルトを巻く体幹の装具を組み合わせて使用されます。歩くためには、多くの場合に松葉杖も必要ですので、日常生活の移動手段としては車椅子が便利です。
 腰痛症でよく使われるコルセットは、背骨の安定性を高めて痛みを防ぎますが、長期間の使用で筋肉が弱くなるので、ふだんの運動も大切です。発育期の側彎(そくわん)症では、くびや胸の高さから固定する装具が使われますが、厳密な適合のチェックと運動練習も必要です。
 簡単な装具には、靴の中敷きやかかとの工夫も含まれます。足やひざの痛みがこうした装具でやわらぐこともあるので、整形外科やリハビリテーションの専門家に相談してください。

他の病気について調べる

関連トピックス