中毒原因物質とその対応

解説
 冒頭に記述したパラケルススの言葉を用いると、すべてのものは、量によっては毒になります。家庭で身近な薬や食物もこれに漏れず、健康上の問題を残すことがあります。ここでは、中毒の統計データをもとに、高頻度に見られる中毒原因物質とその対処を詳述します。薬物・毒物中毒の手当て

(執筆・監修:筑波大学附属病院救急・集中治療科 教授 井上 貴昭)