ガス中毒〔がすちゅうどく〕

 ガス中毒は、一酸化炭素、硫化水素、プロパンガス、塩素ガスの順で日本中毒情報センターの相談件数が多くみられます。頻度の高いガス中毒の特徴を表に示します。ガス中毒の手当て

●おもなガス中毒
ガスの特徴主たる毒ガスの発生機序症状応急処置と病院受診基準
一酸化炭素無臭、無色、無刺激性火災現場の不完全燃焼
練炭事故
頭痛、意識障害、けいれん、昏睡現場の換気、高濃度酸素投与、救急車要請
硫化水素タマゴが腐ったにおい、無色鉱山や石油精製施設の事故
入浴剤+塩酸混入
ノックダウン現象、めまい、せん妄、昏睡、呼吸停止、ショック2次被害の危険性があり、現場に独断で入っていかずに警察・消防に通報
むやみに近づかない、外から換気
塩素ガス黄緑色、刺激臭カビ取り剤・漂白剤と酸の混合目、鼻、咽頭刺激症状、呼吸器症状、肺水腫現場の換気、目の洗浄


□一酸化炭素中毒
 一酸化炭素中毒は中毒の死亡原因としては最大頻度を占めます。不完全燃焼によって発生するため、火災現場の事故死や練炭による自殺例が多くみられます。無色、無臭、無刺激性であるため、気づかれないうちに意識をなくして犠牲になることも多いガスです。
 毒性としては、血液中で酸素を組織に輸送する血色素・ヘモグロビンとの結合性が、一酸化炭素は酸素よりも250倍強いため、細胞・組織における酸素不足を生じることによります。症状は、ヘモグロビンと一酸化炭素の結合性を評価する一酸化炭素ヘモグロビンの測定を実施します。頭痛から意識障害、けいれん、昏睡に至る中枢神経症状が主体ですが、心筋細胞の酸素不足や不整脈、収縮力低下などの循環症状をきたすほか、ガス曝露後数週間ほど経過してから、再度意識状態が低下する慢性期の合併後遺症をきたすこともあります。
 現場では換気につとめ、新鮮な空気を吸入させるとともに、頭痛や意識障害があきらかな場合は躊躇(ちゅうちょ)なく救急車を要請します。病院では、搬送中からヘモグロビンと結合した一酸化炭素を凌駕(りょうが)する高濃度酸素の投与や、場合によって人工呼吸管理、高気圧酸素療法を実施することがあります。

□硫化水素中毒
 硫化水素中毒は、偶発性の事故としても、自殺の手段としても、報告例が散見されます。硫化水素ガス中毒は、硫黄泉などで自然に発生したり、石油精製過程や染料工場での偶発性事故で発生したりするほか、昨今では入浴剤と洗浄剤を混入させて、故意に硫化水素を発生させる自損行為手段としての報告がみられます。
 いわゆる“腐った卵のにおい”がしますが、高濃度では、“ノックダウン現象”といわれる、数回の呼吸で昏睡から心呼吸停止に至る強い毒性があらわれます。硫化水素の毒性は、細胞レベルにおいて酸素摂取を阻害して細胞内窒息にするほか、脳幹への直接的な作用によって呼吸停止、昏睡をきたします。また直接的な心筋障害、伝導障害をきたします。
 現場での注意として、異臭を感じたら、救急車の要請と同時に警察への通報をおこない、むやみに現場に入らないように、現場の外側から窓の開放、換気をおこないます。安易に現場に救出に入ると、自分自身が犠牲者となることをよく覚えておく必要があります。病院での治療についても、対症療法が中心であり、亜硝酸酸剤を用いた治療が実施されることもありますが、効果については定まっていません。

□塩素中毒
 塩素中毒は、しばしば漂白剤やカビ取り剤と強酸を含有した洗浄剤との混合でみられることがあります。鼻腔(びくう)・口腔〜気管粘膜に至るまで粘膜の刺激症状のほか、眼の灼熱感、流涙(りゅうるい)などの角・結膜刺激症状、呼吸困難、遅発性に生じる肺水腫などが中毒症状としてみられることがあります。病院でも対症療法しかなく、人工呼吸管理を要することがあります。現場では、救助者が巻き込まれないように、十分な換気が必要です。