自然毒中毒〔しぜんどくちゅうどく〕

 植物では、青梅(アミオダロン)、ギンナン、スイセンなどの報告事例がみられます。ギンナンなど、通常に摂食する食品でも過量摂取ではビタミンB欠乏症状をひき起こし、けいれんや呼吸困難などの症状をきたすおそれがあります。頻度の高い自然毒中毒を表に示します。
 キノコ中毒は山間部を中心にいまだ報告例があとを絶ちません。なかでもドクツルタケ、シロタマゴテングタケ、タマゴテングタケは致死率の高い毒キノコとされており、キノコ中毒による死亡事故の90%を占めるといわれています。いただきものでも、キノコに詳しくない素人判断で摂食することは避ける必要があります。
 魚介類では、フグ、シガテラ魚、まひ性貝類などの報告例がみられます。フグ毒は、歴史的にはフグ調理師免許制が導入されて以来、減少傾向にあります。しかし、やはり無免許者や素人による調理のために、呼吸筋まひによる死亡事例もいまだみられます。
 そのほか、マムシ、ヤマカガシ、ハブなどの毒蛇による咬傷(こうしょう)がわが国でも山間部を中心にみられます。治療として特異的抗毒素や創部切開を要することがあり、病院受診を必要とします。動植物によるけが

<
●おもな自然毒中毒
植物毒
毒をもつ
動植物
誤認されやすい
なかま
毒性接触後作用
発現時間
対応
トリカブトモミジガサ、ニリンソウなどの野草心臓、神経毒性、不整脈2時間すみやかに受診。集中治療を要する
ギンナン過量摂食時(年齢の数がめやす)けいれん、呼吸困難1~12時間すみやかに受診。対症療法
ドクゼリセリ神経毒性、けいれん15~60分すみやかに受診。集中治療を要する
スイセンニラ、ノビル消化器症状、神経症状(流涎、発汗、頭痛、昏睡)、接触性皮膚炎など30分すみやかに受診。対症療法。
青梅モモ、アンズ青酸配糖体(アミグダリン)含有青酸カリと同様症状15分~2時間すみやかに受診。集中治療を要する
キノコ毒
毒をもつ
キノコ
誤認されやすい
なかま
毒性接触後作用
発現時間
対応
ドクツルタケマッシュルームコレラ様症状、激しい下痢6~12時間すみやかに受診。集中治療を要する
ツキヨタケシイタケ胃腸症状、水溶性下痢30分~3時間すみやかに受診。対症療法
ベニテングタケタマゴタケ神経毒、けいれん、めまい20~60分すみやかに受診。集中治療を要する
ドクササコシメジ手指・足趾の激しい疼痛2~4日すみやかに受診。神経ブロック
魚介類
毒をもつ魚介毒性接触後作用
発現時間
対応
フグ卵巣、腸、肝臓に毒性(テトロドトキシン)神経毒、しびれ、呼吸筋まひ1時間以内すみやかに受診。集中治療を要する
シガテラ毒魚ドクウツボ、オニカマス消化器、神経症状数日以内すみやかに受診。対症療法
ヒスタミンが蓄積した魚ヒスタミンを高濃度に蓄積するマグロ、サバ、カツオ消化器症状、蕁麻疹(じんましん)数分~数時間すみやかに受診。対症療法
まひ性貝まひ性貝毒によって毒化したホタテ、アサリ、ハマグリなど口唇・舌、顔面しびれ30分~数時間すみやかに受診。対症療法