糖尿病の合併症

解説
 高血糖自体の症状(口渇、多飲、多尿など)は、一時的には強くあらわれるとしても長続きしないため、つい高血糖のまま放置してしまいがちです。しかし、血糖コントロールが不十分なまま長期間経過すると、さまざまな合併症が出現し、進行すれば失明、血液透析、足の切断など重大な障害を引き起こす恐ろしい病気が糖尿病です。また、糖尿病があると動脈硬化症も促進され、心筋梗塞や脳梗塞など生命を脅かす合併症の頻度も高くなります。
 糖尿病(性)網膜症、糖尿病(性)腎症、糖尿病(性)神経障害は糖尿病の3大合併症ともいわれています。

関連トピックス


横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会