運動

解説
 むかしから人間は獲物を追って野山をかけめぐり、あるいは農耕や漁業をするなどして、たえずからだを動かしていました。あるいは幼児の生活をみてもわかるように、幼児は1日中たえず動き回っています。すなわち、人間は生まれつき運動をするようにつくられた動物であり、動いているのが正常なのです。現代文明のなかで、あるいはクルマ社会のなかで、ぬくぬくと動かない都会生活をすること自体が異常なことなのです。
 中年になり、階段をのぼったり急いで歩いたりしたときに動悸(どうき)や息切れを感じて、これを年のせいにすることがあります。しかし、これは実は年のせいではなく、ふだんの運動不足のためなのです。運動不足は生活習慣病の発生と密接に関連しています。ここでは病気の予防の観点から運動の効果についてみてみましょう。

関連トピックス


関連ニュース


厚労省記者クラブから

2019/07/09
一次体性感覚野が、運動についての事前情報を受け取っていることを発見 ~脳は触る前からどんな感触を得るか知っているかもしれない~

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(NCNP)/公益財団法人東京都医学総合研究所/大学共同利用機関法人自然科学研究機構生理学研究所/国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

2019/02/26
「メッセンジャーRNA (mRNA) 医薬を用いた椎間板疾患治療」 -運動器疾患の根治療法、組線再生療法への応用に期待―

国立大学法人 東京医科歯科大学

2019/01/23
小児神経難病AADC 欠損症に対する遺伝子治療で全例運動機能が改善 さらに認知機能の改善・治療の安全性も確認~重症型は寝たきりから歩行器歩行へ、 中間型は介助歩行から自転車走行・独歩へ~研究成果がBrain 誌に掲載

自治医科大学 大学事務部 研究支援課 国立研究開発法人日本医療研究開発機構

2019/01/08
2型糖尿病が引き起こす筋力低下のメカニズムを解明 ~運動療法が低下した筋肉の質を改善させる~

順 天 堂 大 学

2018/08/07
NCNP 市民公開講座開催のお知らせ PMD(パーキンソン病・運動障害疾患)センター 「チームで良くするパーキンソン病~パート2 :ベテラン患者編」

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(NCNP)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会