治療・予防

健康や老化を左右 =腸内フローラって?

 腸内には多くの種類の細菌がすみ、それが集まって構成される環境を「腸内フローラ」と呼ぶ。「フローラとはお花畑のことで、肥満や老化、病気などと関係していることが分かってきました」と、京都府立医科大学付属病院(京都市)消化器内科の内藤裕二准教授は話す。

 ◇100兆個の腸内細菌

 人間の腸内には乳酸菌やビフィズス菌など健康維持に役立つものや、体調が優れないときに悪さをする大腸菌など、何百種類もの細菌が存在している。その数は100兆個にも及ぶとされ、人により構成している菌の種類やバランスは異なる。私たちは固有の「お花畑」を、おなかの中に持っているのだ。
 腸内細菌は食べた物を分解して栄養にすると同時に、さまざまな物質を出す。例えば、バクテロイデスという細菌は、腸粘膜のエネルギー源となる一方でインスリンの分泌量にも影響を及ぼす短鎖脂肪酸を出している。
 短鎖脂肪酸は余分な脂肪の蓄積を抑え、燃焼させる働きもあるので肥満を防ぐ。「太っている人の腸内には短鎖脂肪酸が少ないことも、腸内フローラの研究で分かってきました」と内藤准教授は言う。
 豆腐や納豆などに含まれるイソフラボンをエクオールという物質に変える細菌もいる。「エクオールは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをします。閉経後の女性の肌のしわの改善や骨粗しょう症に対し有効という報告があります」

  • 1
  • 2

新着ピックアップ