治療・予防

子どもの疥癬がひそかに流行=アトピーとの誤診で長期化も

 疥癬(かいせん)は疥癬虫「ヒゼンダニ」が起こす感染症の一種だ。近年、高齢者の介護施設などで集団感染が話題に上ることが多いが、実は子どもの間でもひそかに流行している。適切な治療を行えば数週間程度で完治するが、怖いのはアトピー性皮膚炎との誤診。九段坂病院(東京都千代田区)皮膚科の大滝倫子医師は「ステロイド剤を使用すると、症状が悪化して1~2年も続いてしまいます」と警鐘を鳴らす。

 ◇集団感染の恐れも

 ヒゼンダニは手首の内側や手のひら、指の間、脇の下、太ももなどに好んで住み着く。その際、ダニそのものや脱皮殻、ふんを免疫細胞が攻撃するため、かゆみや皮疹といったアレルギー反応を起こす。症状には赤い皮疹ができる通常の疥癬と、皮膚が灰白色に変質する角化型と呼ばれる重症の疥癬の2タイプがある。

 前者はダニの数が数十匹だが、後者は100万~200万匹が寄生するため、隔離の必要がある。ダニは温度が16度以下や乾燥した状況下では活動できず、皮膚から離れると短時間で死亡する。基本的には、皮膚と皮膚との接触がない限り感染しないが、保育園や幼稚園などで雑魚寝をする際、布団が温かいとダニが移動するケースもある。

 感染が発覚したら、雑魚寝をするような幼稚園や保育園であれば1週間、小学校であれば3日間程度は休みを取って治療に専念し、集団感染しているケースも考慮して対策を取る必要がある。疥癬の治療は、内服薬はイベルメクチン(商品名ストロメクトール)が主流だが、体重15キロ未満の子どもには使えない。

 外用薬は、以前は主にクロタミトン(商品名オイラックス)クリームを塗ってかゆみを抑えていたが、現在は駆虫薬のフェノトリン(商品名スミスリンローション、アタマジラミの駆除剤とは濃度などが異なる)を塗るのが主流となっている。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ