一流のレジリエンス~回復力~Dr.純子のメディカルサロン

瀬古利彦さんのレジリエンスを解析

 マラソンランナー、瀬古利彦さんの選手時代、生中継される瀬古さんの走りにいつもくぎ付けでした。まるで機械のような走りは人間離れしており、いつも必ず勝つという安心感が私にはありました。

 それだけに、オリンピックという晴れ舞台で敗れたことは衝撃でした。

 1984年のロサンゼルス夏季五輪、私は米国におり瀬古さんが勝利する瞬間をテレビで見届けるつもりでした。ところが終盤、画面に瀬古さんの姿がない。ハラハラしていると、やがて大きく遅れた瀬古さんが映し出されました。

 レースはそのまま終わり、私はしばらくぼうぜんとしていたことを覚えています。多分日本中がそんなふうだったのではないでしょうか。当時の瀬古さんに対する勝利への期待は、期待を超えて確信と言ってもよかったからです。

 背負った期待に応えられなかったことの衝撃は、瀬古さんにとっていかばかりだったでしょうか。ストレスに関する仕事に携わるようになった私は、その衝撃をどのように克服したのか、ご本人に聞いてみたいと常々思っていました。

Dr.純子のメディカルサロン 「一流のレジリエンス~回復力~」記事一覧