一流のレジリエンス~回復力~Dr.純子のメディカルサロン

悪性リンパ腫「ステージ4」でもツアー決行
ジャズドラマー・大隅寿男さん

 大隅寿男さんは、その世界では知らない人はいないジャズドラマーの第一人者です。私は大隅さんのドラムを聴くたび、本当に元気をもらえるのですが、大隅さんは2002年、悪性リンパ腫と診断されました。パワフルな演奏をする大隅さんにサバイバーのイメージは全くなく、私は07年に初めてお会いするまでその事実を知りませんでした。

 私は08年から米ハーバード大客員研究員としてボストンに行きましたが、当時、同地の米バークリー音楽大に留学中だったご子息の卓也さんとも交流を深めました。そのようなご縁もあり、今回は大隅寿男さんのレジリエンスについて、ご本人と卓也さんのお二人にお話を伺いました。


 海原 大隅さんが悪性リンパ腫ステージ4と診断された時、余命数カ月と診断されたそうですね。当時、どのような心境だったのでしょうか。つらい時期だったと思いますが、それをどう乗り切られたのですか。

 寿男 02年5月に悪性のB細胞性非ホジキンリンパ腫と診断されました。「余命半年くらい」と言われて即入院。1年ほど無菌室で治療。「仕事は無理かも」とも言われました。周りの意見もあり、国立がんセンター(当時)でセカンドオピニオンを受けることになりました。

 検査の結果、病名は同じでしたが、治療法は180度違いました。入院は不要。「2~3年は大丈夫だから慌てないで」「治療開始は半年後くらい」とのアドバイスを受けました。その間、病気のこと、治療法のことを教えてもらい、自己診断しないこと、医師の意見に従うことなどの指導を受けました。

 その半年間が一番つらい時期でした。いつか病気が爆発するのではないかと考えたり、将来どうなるのかと不安になったり。そんな焦燥感を乗り切れたのは、仕事だったと思います。演奏ができたこと、レコード会社が続けてCDを発売してくださったことは支えになりました。

 医者からの「大丈夫だよ!」との言葉にも助けられました。お客さまの声援にも勇気をいただきました。多くのミュージシャン仲間、ライブハウスの方、ファンの皆さまに感謝申し上げます。


 海原 卓也さんは当時おいくつでしたか。ご心配だったでしょう。

 卓也 僕は20代前半でした。まだまだ将来の方向性もしっかりとは決められていなかった。父の病気を聞いても実感はあまりなかったです。「がん」と聞いて恐ろしかったですが、父は乗り越えてくれると100%信じていました。

Dr.純子のメディカルサロン 「一流のレジリエンス~回復力~」記事一覧