話題

3薬科大が教育・研究めぐり包括協定
京都、星、明治の単科大

 京都薬科大(京都市山科区)、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(東京都清瀬市)は17日、教育内容の共同開発や教員による共同研究を進める包括協定を結んだ。教育・研究のノウハウを集め、科学的思考を基に複雑な医療課題に取り組む薬剤師の育成を目指す。

 超高齢化社会が進む一方で、医療が高度化し、在宅医療など薬剤師の活動範囲が広がっている現状を踏まえて3大学は、6年間の薬学学習を統合する教育内容を共同開発。また、社会に出た薬剤師の資質向上に向けた教育プログラムを検討する。

 3大学の学長は京都薬科大で記者会見し、連携を呼び掛けた同大の後藤直正学長は「基礎科学を学んでいるのは医療系で薬学部だけ。それを現場で生かせる能力を磨きたい」と強調。患者が別々の診療科から多くの薬を処方されている問題を挙げ、「薬剤師が医師に提案して(薬を)減らすことになれば、本来必要な医療への提案を(薬剤師が)考えることもできる」と話した。

 3大学はいずれも創立から100年以上の伝統を持つ単科の薬科大学。2017年度の薬剤師国家試験に合格した新卒者の11%を占める。(了)

新着ピックアップ