話題

子どもの睡眠見直そう
家庭ごとのルールづくりを

 子どもの生活習慣の乱れは心身の不調や学習能力の低下を招き、将来の病気のリスクを高めるなどさまざまな弊害をもたらす。子どもの発達の専門家である国立青少年教育振興機構(東京都渋谷区)の鈴木みゆき理事長は、最も重要なのは「十分な睡眠と規則正しい食事」と強調する。

 ▽睡眠短い日本人

 2011年の経済協力開発機構(OECD)の調査によると日本人の平均睡眠時間は8時間未満で、世界的にも短さが際立つ。文部科学省の「早寝早起き朝ごはん」国民運動が始まった06年以降、午後10時以降に就寝する幼児の割合は減少しているが、「生活環境が多様化する中、朝起きてご飯を食べ、夜は早く眠るという生活リズムが守られにくくなっている」と鈴木理事長。

 必要な睡眠時間には個人差があるが、6~13歳であれば9~11時間が一つの目安。睡眠不足が続くと、いらいらや落ち込み、注意力低下が生じ、肥満、生理不順、生活習慣病などのリスクも高まる。

 鈴木理事長は「朝、子どもが自分で起きてくるときは機嫌がよいもの。毎朝親が起こしているようなら睡眠時間が足りないのかもしれません」と指摘する。

 人間は昼行性の動物。朝の光とともに目覚め、夜はメラトニンというホルモンが分泌されて自然に眠りに就く。しかし、夜にスマートフォンなどのブルーライトを浴びると脳が昼間と勘違いし、メラトニンの分泌が遅れて深い睡眠の時間が減るともいわれる。

  • 1
  • 2

新着トピックス