子宮下垂・子宮脱〔しきゅうかすい・しきゅうだつ〕

 人間は直立歩行をしているため、重力により内臓が骨盤のいちばん下の方向に引っぱられています。こうした内臓を支えているのが肛門挙筋(こうもんきょきん:排便時、肛門を上方に引き上げる筋肉)をはじめとする骨盤底筋群です。女性の場合、お産のときに、腟(ちつ)を直径約10cmの赤ちゃんの頭が通過するために、骨盤底筋群が伸ばされてしまい、断裂してしまうことがあります。そうなると、やがて年をとって骨盤底筋群が弱まってきたときに、重力により腟を通して内臓が外に下がってきます。この場合、腟のすぐ上方にある子宮が下がってくるだけでなく、多くの場合、腟前方にある膀胱(ぼうこう)や、腟後方にある直腸も、腟壁ごと腟口に向かって下がってきます(膀胱瘤〈ぼうこうりゅう〉、直腸瘤〈ちょくちょうりゅう〉)。これらは総称して骨盤臓器脱といわれます。また、骨盤底筋群のゆるみにより、尿道を閉める力も弱くなって、尿失禁を合併することもあります。逆に、膀胱が下がりすぎて、尿道が折れ曲がってしまい、膀胱がいっぱいなのに排尿できない状態(尿閉)になることもあります。子宮が腟口より外に出ていないものを子宮下垂(かすい)、外に一部でも出ているものを子宮脱といいます。
 子宮下垂、子宮脱は、程度の軽いものも含めると出産経験のある女性の4割に症状があるといわれており、症状の程度が軽ければ、治療する必要はありません。しかし、脱出した子宮がじゃまで日常生活に支障がある場合や、尿が出にくいといった症状が強い場合は治療が必要です。保存的治療としては、ペッサリー(直径6~8cmくらいのプラスチックの輪)を腟内に挿入し、子宮や膀胱、直腸が下がってこないよう支える方法がありますが、尿路感染、腟からの頻繁な出血などの合併症をよく伴いますので、程度が重症な場合は手術が必要です。手術は、伸びたり断裂した靭帯(じんたい)の代わりに人工物(メッシュ)を入れる手術や、骨盤底筋群や靱帯を補強または固定する手術、腟の中央を閉鎖してしまう手術などがあります。
 人工物を入れる手術としては、TVM(骨盤内臓器メッシュ)手術、腹腔(ふくくう)鏡下手術が取り入れられており、人工物を使わない手術として、子宮を支える靭帯を腹壁などに固定する手術があります。高齢や合併症でこれらの手術が不可能な場合、患者本人の希望を聞いたうえで、腟閉鎖手術がおこなわれます。手術時間が短く、危険も少ないのですが、腟を閉鎖してしまうため、性交が不可能になるという欠点があります。また、尿失禁の症状がある場合は、尿道の傾きを是正して尿失禁を治療する手術(尿道吊り上げ手術)があわせておこなわれます。
医師を探す