解離性大動脈瘤〔かいりせいだいどうみゃくりゅう〕

 突然のひどい胸痛ではじまり、痛みが肩や背中、さらに腰に移ります。よく心筋梗塞とまちがえられるほどです。病状が激しく血圧が非常に高い場合や、血圧は高いのに手足の脈を触れられないことや、左右の手の脈の大きさが異なることがあります。
 ショック状態となって1~2時間で死亡したり、数日、数週間でわるくなることもあります。脳卒中や心筋梗塞を併発することもあります。

[治療]
 解離性大動脈瘤が大動脈の心臓のもっとも近い部位(上行大動脈)に発生したときは緊急手術です。この場合、人工血管を取り付けたり、大動脈弁を人工弁に取り替えたりします。
 心臓から遠く離れた部位(下行大動脈)にあるときは、血圧を下げる薬剤を投与して瘤(こぶ)の増大を防ぎながら経過を観察します。特に発病後1~2カ月は血圧を下げることが必要です。
 病気が進む場合や大動脈弁閉鎖不全を合併した場合などには、外科手術で人工血管を取り付けます。
医師を探す